赤間恵美茨城県古河市介護施設入所者殺害事件

赤間恵美生い立ち「26歳の時は普通の女の子」34歳で念願の結婚

赤間恵美茨城県古河市介護施設入所者殺害事件

茨城県古河市の介護老人保健施設で、注射器を使って男性の血管に空気を注入して殺害したとして、元介護職員の赤間恵美が逮捕されました。

この記事では、赤間恵美の生い立ちについてまとめています。赤間恵美の実家、中学・高校時代、看護師、けやきの舎、結婚など、年代ごとに分けて詳しく解説しています。

>赤間恵美夫「けなげな旦那」妻の無実を信じる

>赤間恵美夫顔画像「貫禄ありすぎカップル」

赤間恵美プロフィール「2004年から16年間の生活がわからない」

赤間恵美の生い立ちに関係するプロフィールと事件の流れをまとめました。

赤間恵美のプロフィール
  • 氏名:赤間恵美(あかまめぐみ)
  • 旧姓:木村恵美
  • 年齢:35歳
  • 出身:茨城県古河市
  • 住所:茨城県古河市大和田(いばらぎけんこがしおおわだ)
  • 職業:介護老人保健施設「けやきの舎(けやきのいえ)」元介護職員(茨城県古河市仁連601)
事件の流れ
  • 2004年:茨城県立岩瀬高等学校卒業(茨城県桜川市)
  • 看護師資格取得
  • 病院勤務(埼玉県、栃木県の病院に約3年2ヵ月)
  • 2020年4月23日:古河市に引っ越し
  • 2020年4月下旬:けやきの舎で介護職員として勤務開始
  • 2020年7月6日:吉田節次さん死亡
  • 2020年7月6日:けやきの舎を自主退職
  • 2020年8月:夫、赤間恵美を家族に紹介
  • 2020年9月29日:婚約
  • 2020年10月:下妻市(夫実家)で同居開始
  • 2020年11月22日:結婚
  • 2021年夏:古河市大和田(現自宅)に引っ越し
  • 2021年11月21日:古河市内のスーパーで万引き、現行犯逮捕
  • 2021年12月8日:殺人で逮捕

赤間恵美の生い立ちは、2004年から2020年4月の約16年間の「住所や仕事」に関する情報はほとんどありません。わずかにわかっているのは、赤間恵美は2004年に高校を卒業し、その後は「埼玉県と栃木県にある病院に3年2ヵ月ほど勤務していた」ということだけです。

茨城県古河市介護施設入所者殺害事件の概要

茨城県古河市の高齢者施設で昨夏、入所者の男性の体内に空気を注入して殺害した疑いで、事件当日に退職した赤間恵美が逮捕されました。

茨城・古河市で2020年、介護老人保健施設の元職員の女が、入所者の男性を殺害した疑いで逮捕された事件で、この施設で、ほかにも複数の入所者の不審死が確認されていることがわかった。

古河市の介護老人保健施設「けやきの舎(いえ)」元職員の赤間恵美容疑者(35)は2020年7月、入所していた吉田節次さん(当時76)の点滴に空気を注入し、殺害した疑いが持たれている。

赤間容疑者の不審な行動を目撃した同僚職員の証言などから、関与が浮上していた。

近隣住民「1カ月くらい前に、警察の方が駐車場貸してくださいということで、赤間さんちの家宅捜索を行うために必要なことなのでと。(逮捕されたのが)奥さんということでびっくりしている」

その後の調べで、この施設で、ほかにも複数の入所者の不審死が確認されていることが新たにわかっていて、警察は関連について調べている。

FNNプライムオンライン

赤間恵美実家「古河市の農家」

赤間恵美のFACEBOOKでは「茨城県古河市出身」と掲載されています。

12月9日、10日のテレビニュースで報道された、赤間恵美の実家や親族に関するインタビューをまとめました。

▼12月9日報道ステーション

<実家の近くに住む人>
Q:どんな印象を持っていた
A:ただ良い娘さんだなとは思っていた
看護師をやっていてそれから何かかわったような話を聞いた

つい最近秋に実家に帰っていた
農作業を手伝っていた
その時の様子はふだんとまったく変わらなかった

▼12月9日neswszero

<親族>
話がうまい
笑わせるのがうまい
人懐っこかった
とにかくしゃべる人
普段はすごくいい子なのに

【追記】赤間恵美は3人兄弟の長女

12月14日追記

女性自身によると、実家近くの住民の話では、赤間恵美は「3人兄弟の長女、近所でも評判の農家の娘、挨拶もきちんとするし、とても愛想のいい子だった」とのこと。

恵美さんの実家は農業を営んでいます。彼女は3人きょうだいの長女で、夏にはかぼちゃの受粉を手伝い、畑のキャベツや大根の収穫を手伝っていました。

高校のころから、看護師を目指していたそうですが、学校は離れた場所にあったから、いつも暗いうちに家を出て、自転車で駅に向かっていましたよ。

その後、看護師になったと聞きましたが、自転車に乗って、前かごに長靴を入れ、麦わら帽子をかぶったエプロン姿で実家まで来ては、農作業を手伝っていました。挨拶はきちんとするし、とても愛想のいいコでしたよ

赤間恵美中学時代「人に迷惑をかけるタイプではなかった」

▼12月9日neswszero

普段は全く落ち込むことのなさそうな
プラス思考に近い印象
柔道部だったと思います
人に迷惑をかける・悪さをするようなタイプではなかったので
すごく驚いてます

赤間恵美高校時代「看護実習で患者さんに優しく接していた」

赤間恵美のFBでは「茨城県立岩瀬高等学校に在学していました」「卒業:2004年」と掲載されています。

赤間恵美は当時の看護科(現在は衛生看護科)を卒業し、その後看護師資格を取得、看護師として病院で働いていました。

▼12月9日報道ステーション

<高校の同級生>
看護科で一緒だった
看護実習の時も患者さんにすごく優しく接していた
評価もすごく高くお手本にしなくてはいけないと同級生と話した
面白くて人に分け隔てなく接する優秀な子だった

<高校時代を知る人>
手に職をつけて自立したという思いで看護学科に入った」と言っていた

▼12月10日めざまし8

<高校の同級生>
66_ボランティア部

<高校の同級生>
ボランティア部に所属

<高校の同級生>
勉強熱心で、よくできる利口な子。優秀なほうだった。
あまり親しくなかったので詳しくはないが、変わった子ではあった。

【追記】赤間恵美と同じクラスだった女性「周囲を笑わせ成績も良かった」

12月16日追記

12月16日の毎日新聞に、赤間恵美と高校で同じクラスだった女性(35歳)の話が配信されています。

赤間恵美は「授業中も冗談を言って周囲を笑わせていた。成績も良かった」とのことです。

「当時の姿と結びつかない」。赤間容疑者と高校で同じクラスだった女性(35)は話す。赤間容疑者は実家から電車で1時間半ほどの県立高校に通い、衛生看護科と専攻科で計5年間学んだ。「授業中も冗談を言って周囲を笑わせていた。成績も良かった」と振り返る。当時の実習で、患者に優しく接する姿が印象深いという。

赤間恵美看護師時代「埼玉・栃木の病院に勤務」

赤間恵美は高校卒業後、15年前に看護師資格を取得し、埼玉や栃木の病院で看護師として勤務していました。

▼12月9日neswszero

<赤間恵美と娘が同級生>
高校卒業して看護師で病院に務めているというような話を聞いていた
お父さんが喜んでて

赤間恵美26歳「ダイエットに失敗する普通の女の子」

赤間恵美のfacebookには合計42枚の写真が投稿されています。そのうち31枚は2012年7月から12月にかけての半年間に集中して投稿されています。その後は1年に数枚の投稿、赤間恵美はフェイスブックにあきてしまったのでしょうか。

赤間恵美の年齢は2021年12月時点で35歳と報道されています。2012年は9年前、26歳の写真です。

赤間恵美のフェイスブックの2012年の写真は、友人との旅行、食べ歩き、大好きなお菓子、花や景色の写真など。赤間恵美の半年間遊びまわっています。

赤間恵美は羊羹やチョコレートなどお菓子が大好きです。赤間恵美は画像に見られるようにグラマーです。そして、赤間恵美はグラマーであることを気にしていたようです。

赤間恵美は8月に6万円もする痩せるブレスレットの写真を投稿、ダイエットに挑戦しています。

痩身パワーのブレスレット!!
あれ?ダメダメじゃんかよ(笑)

そして9月にはチョコレートの写真を投稿してダイエットに失敗したことをコメントしています。

赤間恵美はグラマーなのを気にしながらも、ついお菓子を食べてしまうどこにでもいる女の子、青春を謳歌する26歳の女の子だったのです。

【追記】赤間恵美33歳「祖母の介護で実家に」

12月14日追記

女性自身によると、実家近くの住民の話では、赤間恵美は「2年前に実家で祖母の面倒をみていた」とのことです。

2年ほど前に、実家で暮らしていたおばあさんが亡くなったのですが、それまで恵美さんは実家まで来て、面倒を長いこと見ていました。看護師でしたから、手慣れたものでしたよ。

その後彼女は、昨年の“いい夫婦の日”、11月22日に結婚しました。そのときは、集落のみんなでお祝いしたものです

【追記】実家近くに住む男性「祖母の面倒を見ていた」

12月16日追記

12月16日の毎日新聞に、赤間恵美の実家の近くに住む男性の話が掲載されています。

赤間恵美は「最後に見かけたのは今年の11月くらい。いつもニコニコして、去年亡くなった祖母の面倒もよく見ていた」とのことです。

事件後も周囲には普段通りの姿を見せていた。実家近くに住む男性は「最後に見かけたのは今年の11月くらい。いつもニコニコして、去年亡くなった祖母の面倒もよく見ていた」と話す。20年秋には赤間容疑者の両親から「(娘が)結婚した」と報告があったという。

赤間恵美けやきの舎「わずか2ヵ月半で自主退職」

  • 2020年4月23日:古河市に引っ越し
  • 2020年4月下旬:けやきの舎で介護職員として勤務開始
  • 2020年7月6日:吉田節次さん死亡
  • 2020年7月6日:けやきの舎を自主退職

赤間恵美のFBの古河市に引っ越してきた日付は2020年4月23日、けやきの舎で介護職員として働き始めたのは4月下旬。赤間恵美はけやきの舎で働くために引っ越してきたと考えられます。

それにもかかわらず、赤間恵美はわずか2ヵ月半でけやきの舎を自主退職をしています。

入所者の吉田節次さん(当時76歳)が亡くなったのが7月6日。

この日、不審な行動をとる赤間恵美を別の職員が目撃していました。するとその直後に、吉田さんの容体が急変。

職員が不審な行動について問いただすと、赤間恵美は午後5時半の退勤時間を待たずに、自ら退職を申し出たとのことです。

赤間恵美34歳「念願の結婚、夫とのつきあいは2019年からか」

赤間恵美のfacebookや夫のフェイスブックなどから、二人の結婚までの経緯をまとめると

  • 2020年8月:夫、赤間恵美を家族に紹介
  • 2020年9月29日:婚約
  • 2020年11月22日:結婚

2020年8月に赤間恵美の夫は赤間恵美を夫の家族(義父・義母)に紹介、9月29日に婚約、11月22日(いい夫婦の日)に結婚式を挙げています。赤間恵美の年齢は34歳です。

赤間恵美は結婚がよっぽどうれしかたったのでしょうか。赤間恵美は自分のfacebookに結婚式の写真を4枚も投稿しています。色打掛を着た赤間恵美のアップと夫とのツーショット、お色直しをして白無垢でアップとツーショット。

赤間恵美は結婚に向けてエステサロンに通っていました。エステ関係者の話では、9月には結婚式の写真を撮りたいとして、約3万円の全身施術をしたとのこと。赤間恵美は「結婚する」と話していたそうです。

赤間恵美は結婚に向けて自分を美しく磨き上げ、結婚の喜びの写真を自分のFACEBOOKにアップする普通の女性だったのです。

2019年2月の赤間恵美フェイスブックのVサインの写真です。結婚式の写真と比較するため左右反転して掲載しました。

2019年2月の左側に男性が写っているように見えます。背が高くかっぷくがよさそうにも見えます。結婚式の写真のようにツーショットだったものをカットしたのかもしれません。もしかするとこの男性は夫で、2019年2月にはつきあっていたのかもしれません。

2019年2月から2020年11月まで約1年9ヵ月のつきあいを経て、赤間恵美は念願の結婚をむかえていたのでした。

赤間恵美生い立ち「良い嫁と殺人、二重人格か」

赤間恵美の結婚から殺人で逮捕されるまでの経緯をまとめると

  • 2020年10月:下妻市(夫実家)で同居開始
  • 2020年11月22日:結婚
  • 2021年夏:古河市大和田(現自宅)に引っ越し
  • 2021年11月21日:古河市内のスーパーで万引き、現行犯逮捕
  • 2021年12月8日:殺人で逮捕

赤間恵美と夫は結婚を前に、2020年10月から夫の実家(下妻市)で夫の両親と同居を始めています。そして二人は11月22日にめでたく結婚。

赤間恵美は義母ともすぐに打ち解け、夫が職場に持っていく弁当を早起きして作る「良い嫁」でした。

しかし、義父母のサイフから現金がなくなるようになり、これが原因で赤間恵美夫婦と義父母の関係が悪化。2021年夏に別居し、赤間恵美夫婦は現在の古河市大和田の住居に引っ越しました。赤間恵美は義父母のサイフから金を抜き取っていたようです。

新しい住居の二人の生活について近所の人が話しています。

▼12月10日めざまし8

結構2人では散歩してたよね、このへんでね。

Q:仲が良かった?
うん、仲良かったんやない?

<夫婦の姿を目撃した人>:
(買い物から帰ってきた時に)ご夫婦で草取りをされていたんですが、奥さんは私たちの姿を見るなり、いきなり家の中に入ってしまったので、こちらとあまり関わりたくないのかなっていう印象は受けました。

赤間恵美は11月21日、古河市内のスーパーで牛肉など12点の食料品5000円相当を万引き万引き。私服警備員が犯行を確認し、店を出たところで現行犯逮捕。

そして、事件から約1年5ヵ月後の12月8日、赤間恵美は殺人容疑で逮捕されました。

赤間恵美は、けやきの舎の入所者・吉田節次さんの足の点滴のチューブに、注射器を使って空気を注入し、殺害した疑いがもたれています。

赤間恵美は2020年7月6日の事件から11月22日の結婚までわずかに約4ヵ月半。赤間恵美の夫は「そういうそぶりはまったく感じなかった」とその後のインタビューで答えています。また、夫は「(事件は)結婚する前の話なので全然分からない」とも。

ここまで、赤間恵美はどこにでもいる普通の女の子、患者さんおもいの優しい看護師さん、夫の弁当を早起きして作る良い嫁でした。

しかし、赤間恵美は小金を盗む窃盗犯、高齢者を殺害する殺人犯という別の顔が明らかになってきました。

二重人格かな。

5ちゃんねるでは「二重人格」という書き込みがありました。

今後の警察の捜査で、赤間恵美の人格や事件の背景が早急に明らかになることを期待します。

>赤間恵美夫「けなげな旦那」妻の無実を信じる

>赤間恵美夫顔画像「貫禄ありすぎカップル」

タイトルとURLをコピーしました