ニュース

遠藤正雄の仕事はあおり屋「ナイフを出せば相手はビビると思ってた」横浜殺人未遂事件

ニュース

9月19日横浜市旭区の路上で男2人よる交通トラブルが発生。男がもう一人の男の顔をナイフで切りつけた事件。切りつけた男は遠藤正雄(えんどうまさお)、殺人未遂の現行犯で逮捕。

遠藤正雄の仕事は「自称・会社員」です。ネット上では遠藤正雄は実は「あおり屋」、トラブルを探して車を走らせていたとの噂も流れています。

遠藤正雄の仕事は会社員(自称)「本当はヤクザでナイフを携帯」

遠藤正雄の現在わかってるプロフィールは以下のとおりです。

  • 氏名:遠藤正雄(えんどうまさお)
  • 年齢:58歳
  • 住所:神奈川県横浜市旭区上白根
  • 職業:会社員

プロフィールはあくまでも「自称」ということで、ニュースで報道されています。

遠藤正雄ではなくて、本当は本名が別にあるのでしょうか。

また、職業は会社員ということだけで勤務先や仕事内容は明らかになっていません。

普通の会社員がなんで刃物なんて持ち歩いているの?運転トラブルを頻繁に起こすから護身用なのかな?そういう人って危険人物なんだから全ての罪状で起訴して欲しい。
刃物で人に襲いかかった時点で殺意云々
殺人未遂ですよね。運転トラブルで変な人が降りてきたら絶対にドアロックはしなきゃダメですね。

犯人これまでも逮捕されなかっただけでいろいろ問題を起こしていたんじゃないかと疑ってしまう…
交通トラブルでカッとなって刃物で切り付けるって普通では無いよね。
車の運転ももう二度としないで欲しいよ。

「普通の会社員がなんで刃物なんて持ち歩いている」「交通トラブルでカッとなって刃物で切り付けるって普通では無いよね」とヤフコメに出ています。

「カッとなって刃物で切り付ける」って普通の会社員では考えられませんね。

それでは遠藤正雄はどんな職業、どんな会社なのか。

暴対法でヤクザの組員は減少していますが姿を変えて一般市民の中に紛れ込んでいます。気を付けましょう。

いつもナイフを携帯している仕事ですぐ思いつくのは、やっぱり「ヤクザ」「暴力団」「反社」という職業です。

遠藤まさおの仕事は煽り(あおり)屋「トラブルにそなえてナイフを車に隠していた」

遠藤正雄の仕事は実は「あおり運転」の常習犯でトラブルを求めて車を走らせているという声がヤフオクにあります。

ナイフまで携帯してあおり運転とは、完全に確信犯ですね。木刀を車内に常備している知り合いにがいますが、彼らはトラブルを探して用もなく車を走らせているのです。ちょっと精神的におかしいですよ。

煽る側、煽られて切れた側
どちらにせよ加害者となる側はなんで刃物を車に常備してるの?木刀だったりバールだったりハンマーだったりと。。普段から持ち歩いている事自体やばい こういう奴等て自らトラブルを探してるよね?

凶器を携帯→他車とトラブルになるリスクの高い運転してるから。今回たまたま捕まったけど、普段から危険運転してたんだろうね。これまでこの人から被害受けた人たくさんいそうですね。

もしかしたら、遠藤正雄にあおられて、ナイフで脅された人がほかにもいるかもしれません。

遠藤正雄のようにナイフなどの凶器を常に携帯して人間の特長をヤフコメでは

日頃からナイフ持ち歩いてるんやろうな。
本当は気が小さいから物に頼らな強そうな演出が出来ないんやろ。

護身用やったかも知らんけど、ナイフ持ってるから強気でいけたんやろな。ケンカ弱い奴は刃物持ったら、ろくな事にならん。

煽り運転を仕掛けてナイフで刺すって、計画的な無差別殺人未遂事件でしょ。この輩は出所後も車を運転するんだろう。日本の免許交付はザルだから。もっと厳しくしないと。犯罪者、銃刀法違反者、薬物使用者、反社会には免許を交付しない。当然だろ。犯罪者に狂気の免許を交付するってどいう事?

本人の性格は「本当は気が弱い、小さい」からナイフを持って「強く見せたい」という気持ちがはたらく。

さらには「計画的な無差別殺人」とも。

遠藤正雄は「殺害するつもりはなかった」と殺人未遂を否認していますが、真意はどこにあったのでしょうか。

宮城大河原町切りつけ傷害事件

遠藤正雄切りつけ事件前日の18日、宮城県でも男が被害者の顔を切りつける事件がおこっています。

宮城県の切りつけ事件の概要は

  • 9月18日夜、宮城県大河原町で男性が男にナイフで切りつけられた事件。
  • 犯人は現在も逃走中、警察は傷害事件として犯人の行方を追っている
  • 現場はJR大河原駅から北へ700mほどの住宅地、大河原町大谷の路上
  • 18日午後10時半ごろ、男性(48歳)が自宅の周りをうろつく男を発見、男性は男に声をかけようと追いかけたところナイフで切りつけらる
  • 男性は額から出血するケガを負うが、命に別状なし
  • ケガは左の額から目のあたりにかけて10針ほど縫う
  • 犯人の特徴は、身長170cmくらいで銀色のパーカーを着ていた
  • 現場は白石川の堤防上、周辺には街灯が少なく当時は暗かったことから、男が逃げた方向などはわかっていない
  • 男性は「暗くて顔が分からなかった。(男に)思い当たる節はない」と話している

こちらも遠藤正雄と同様に顔への切りつけ、こちらもとっさの犯行ようだし、とっさの切りつけだとナイフは顔にゆくのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました