ニュース

服部恭太のジョーカー姿「違和感が半端なかった」同じ車両に乗っていた乗客が証言

ニュース

10月31日東京・京王線の車内で乗客が切りつけられた事件。服部恭太(24歳)を逮捕。

服部恭太は映画「ジョーカー」にあこがれ、ジョーカーをイメージしたコスプレで犯行におよんだことが明らかになりました。

【追記】服部恭太、ジョーカーは「悪のカリスマ」映画を観て殺意を強めた

11月6日追記

服部恭太は映画のジョーカーを犯行の前に見ていました。服部恭太はジョーカーを悪のカリスマだと思い、ジョーカーにあこがれ、殺意を強めていったのです。

東京の京王線の電車内で起きた刺傷事件で、逮捕された男が、犯行前の行動について「『ジョーカー』が出てくる映画を改めて観て、悪のカリスマだと思ったと供述していることがわかりました。

服部恭太容疑者(24)は福岡市の会社に勤務していましたが、今年6月に客とのトラブルが原因で退職し、「多くの人を殺して死刑になりたい」と犯行を決意したということです。その後、各地を転々としていましたが、神戸市のホテルに滞在していた際の8月ごろの行動について「自分のスマホで『ジョーカー』が出てくる映画を改めて観て悪のカリスマだと思った。『ジョーカー』に憧れていた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

「ジョーカー」は次々と殺人を行うアメリカ映画の登場人物で、服部容疑者は「ジョーカー」に似た服を、およそ20万円で購入し犯行に及びました。服部容疑者が「ジョーカー」の映画鑑賞などを通じ殺意を強めていったとみられ、警視庁は詳しい経緯を捜査しています。

TBS NEWS
  • 服部恭太は福岡市の会社に勤務
  • 今年6月に客とのトラブルで退職
  • 「多くの人を殺して死刑になりたい」と犯行を決意
  • 各地を転々としながら犯行を計画
  • 8月ごろ神戸市のホテルに滞在
  • 事件の約1ヵ月前から八王子のホテルに滞在
  • 6日前に渋谷の美容院で髪を染める
  • 自分のスマホで映画「ジョーカー」を観て、悪のカリスマだと思った
  • ジョーカーにあこがれていた
  • ジョーカーは次々と殺人を行うアメリカ映画の登場人物
  • ジョーカーに似た服を約20万円で購入
  • 映画鑑賞を通じて殺意を強めていった

服部恭太はジョーカーにあこがれ上京「客にすぐキレる」バイト先コンビニ店長の話

服部恭太はジョーカー姿で京王線の乗客1人を刺し、車内に放火した事件。

服部恭太はジョーカースーツを着て、実はコメディアンをめざして福岡から東京に上京していました。そして、服部恭太はコンビニでアルバイトをしながら生活をしていました。

映画「ジョーカー」の主人公アーサーは発作的に笑い出してしまう病気を抱えていました。一方、服部恭太はすぐに怒る、キレる性格でした。ジョーカーのアーサーはピエロになって子供たちを笑わせます。コンビニで働く服部恭太は客とよくトラブルになっていました。

服部恭太がバイトしていたコンビニの店長はジョーカースーツを知りませんでした。服部恭太をへんなスーツを着たちょっとかわったヤツくらいに思っていたのでしょう。

コンビニの店長が服部恭太の勤務態度について語ってくれました。

ハットリくんは面接もあのかっこ、スーツに緑のシャツで来た。勤務中は上着はぬぐけど緑のシャツの上に制服。人手不足だし、すぐ働けるということですぐ採用。

服部恭太はジョーカーになり切っているのか、所持している服がスーツとグリーンのシャツだけなのかはわかりません。店長の話では、服部恭太はいつもあのかっこうだったと語っています。

ハットリくんはまどろっこしい子供や老人がレジに来ると「早くしろよ」すぐキレる。お客さんが「(商品)はどこ」と聞くと、ハットリくんは「あそこだよ」とぶっきらぼうに返事するだけで、気に入らない客が来るとすぐ不機嫌に。ハットリくんとお客と口論になること何度か見かけた。何度注意してもお客さんともめるのでやめてもらいました。

ジョーカーのアーサーは理不尽なめにあってピエロをやめさせられました。服部恭太は「コンビニをクビになったのは店長がバカだから、客がのろまだから」といらつきながら、ジョーカーの姿に自分をかせねているのかもしれません。

服部恭太はジョーカースーツでデート「一瞬でムリ」SNSで知り合った女性の告白

服部恭太はジョーカースーツを着て、京王線の車内で乗客の胸を刺して殺人未遂容疑で逮捕されました。

服部恭太はSNSで知り合った女性とハロウィンでにぎわう渋谷で待ち合わせをしました。

服部恭太とSNSで知り合った女性から話が聞けました。

彼の姿を見た瞬間「エッ」とおどろいたというか、「クスッ」と笑ってしまったというか、かなり引いてしまいました。

もちろん服部恭太はジョーカースーツを着てハチ公の前に立っていたそうです。その時の様子を彼女が話してくれました。

私は趣味が映画や動画を見るとことなので会ってみることにしました。彼は地味目の顔にメガネ、青のスーツに派手な緑のYシャツ。私はジョーカーを見てなかったのでコスプレだとは気づきませんでした。「なにこのスーツ、ださ~」

その後、服部恭太と彼女はマクドナルドに行って、コーヒーを飲んだそうです。しかし、服部恭太と彼女の話は、はずむことはありませんでした。

マクドナルドには30分もいなかったと思う。彼が一方的にジョーカーの話ばかりするので「また連絡するから」と私は店を出ました。店から渋谷駅のまで彼は話をしながらずーとついてきました。駅の改札に入ってやっとホッとできました。ほんとにウザかった。

映画のジョーカーでは、アーサーは知り合ったシングルマザーの女性をストーカーし、あとでその女性となかよくなります。服部恭太は映画のように彼女とつきあえると考えていたのかもしれません。

でもジョーカースーツを着た服部恭太の現実は映画のジョーカーのようにうまくいきません。服部恭太は彼女に相手にもされませんでした。

服部恭太のジョーカー姿「違和感が半端なかった」同じ車両に乗っていた乗客が証言

服部恭太はジョーカー姿で、京王線の電車内で乗客を刺し17人がけがをした事件。

服部恭太と京王線の同じ車両に乗っていた乗客の男性から話を聞けました。

俺は電車乗ってからへんなかっこしてる男いるな、と思ってた。映画なんて見ないし、ジョーカーなんて知らない、まさかあれがコスプレとは思わなかった。

事件後に服部恭太を見たという人は

事件後に服部容疑者を見たという人は、その服装に違和感を持っていた。

容疑者を見た乗客「紺のスーツを着ていて、ワイシャツか緑色のを着ていた。普通じゃ着ないじゃないですか」

誰も服部恭太のジョーカー姿をコスプレだと気づいていません。服部恭太の見た目は「違和感たっぷり、だたのへんなかっこうのヤツ」としか見られていなかったのです。

服部恭太は渋谷の街を徘徊していたこと防犯カメラの映像から明らかになっています。SNSの彼女に振られ、誰からも振り向かれることもなく、また声をかけられることもなかったのを悲しんでいたのかもしれません。

映画のジョーカーでは、アーサーは地下鉄で若者たちから激しい暴行を受け、耐えきれずに銃で若者たちを射殺してしまいました。

しかし、服部恭太は渋谷や京王線では誰からも気づいてもらえず、相手にされなかった。それに我慢できなくなった服部恭太は、ジョーカー姿のかっこいい自分に気づいてほしくて、京王線での犯行におよんだ可能性が考えられます。

京王線殺傷放火事件の概要

東京・京王線の電車内で男が刃物を振りまわすなどした事件。17人がけが、うち1人が重体となっている。

警視庁によると、10月31日午後8時前、新宿に向かう京王線の電車内で、男が刃物で乗客を切りつけ、液体をまいて火を付けた。

電車は、調布市の京王線国領駅に緊急停車した。

17人がけがをし、うち刺された70代の男性が意識不明の重体で、警視庁は自称・服部恭太容疑者(24)を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

動画撮影者・木村俊介さん「車両の窓から逃げろって感じで飛び降りて、自分も脱出して肩を打った感じだった。非常に怖かったです。隣の車両だったんですけど、炎が上がってるのは見えました。オレンジ色の炎が見えて。(男は)ホームとは反対側のイスに座ってまして、抵抗するわけでもなく叫ぶわけでもなく、おとなしく座ってた感じ」

服部容疑者は、「人を殺して死刑になりたかった。2人以上殺せば死刑になると思った。小田急の事件を参考にした」と供述しているということで、警視庁がくわしい経緯を調べている。

FNNプライムオンライン
  • 10月31日午後8時ごろ
  • 男が刃物で乗客を切りつけ液体をまいて火を付ける
  • 京王線国領駅(東京都調布市)に緊急停車
  • 17人けが
  • 70代男性が意識不明の重体
  • 殺人未遂で服部恭太を現行犯逮捕
  • 服部恭太は「人を殺して死刑になりたかった、2人以上殺せば死刑になると思った」「小田急の事件を参考にした」と話している

服部恭太の出身地

服部恭太の出身地などのプロフィールをまとめました。

  • 氏名:服部恭太(はっとりきょうた)
  • 年齢:24歳
  • 住所:不定
  • 職業:不詳
  • 出身地:福岡県福岡市博多区
  • 小学校:福岡市立千代小学校(ふくおかしりつちよしょうがっこう)
  • 中学校:福岡市立千代中学校(ふくおかしりつちよちゅうがっこう)
  • 高等学校:福岡県立魁誠高等学校(ふくおかけんりつかいせいこうとうがっこう)

服部恭太の出身地は以下のように報じられています。

服部容疑者は少年時代、福岡市博多区の団地で暮らしていたとみられる。

服部容疑者と高校の同級生だった女性の母親によると、服部容疑者は福岡市内の団地で母親と妹と暮らしていた。団地は数年前に取り壊され、今はマンションが立つ。

服部恭太は以前、福岡市博多区の団地で母親と妹の3人で暮らしていました。

服部恭太の通っていた千代小学校・千代中学校の通学区域は、福岡市教育委員会の学校情報によると表のとおりです。

  • 福岡市博多区千代1丁目1番(19号~84号)、2番、3番、5番~33番、2丁目~6丁目
  • 福岡市博多区東公園3番(7号)、4番~8番

服部恭太は小学校・中学校時代、上記の住所にあった団地で暮らしていたと考えられます。

▼福岡市博多区千代1丁目

▼福岡市博多区東公園

タイトルとURLをコピーしました