松尾留与兵庫県稲美町放火事件

稲美町放火事件伯父の顔画像「おでこ広い愛嬌あるさがり目」坊主頭の昭和の中学生

松尾留与兵庫県稲美町放火事件

兵庫県稲美町で住宅が全焼し、焼け跡から小学生の兄弟2人の遺体が見つかった放火事件。殺人と現住建造物等放火容疑で伯父(松尾留与)が逮捕されました。

この記事では稲美町放火事件の伯父とめよの顔画像を調査しました。 伯父の顔画像や稲美町放火事件の概要をまとめています。

>松尾留与の動機「おじさんみたいになっちゃダメ」

>松尾留与の顔画像「たれ目で団子鼻のスキンヘッド」

>根室イオン事件「中学生の犯行動機はゲーム狂」

>西村恵梨奈の顔画像が判明「丸顔で話しやすそう」

>岡田竜洋の顔画像が判明「反省なし、クール」

【追記】稲美町放火事件伯父の顔画像「坊主頭」

11月29日追記

稲美町放火事件伯父が乗っている警察のバンです。稲美町放火事件伯父は加古川署を出てました。松尾留与は神戸の神戸地方検察庁に向けて送検中の画像です。

稲美町放火事件伯父松尾留与の顔画像がバンの後部座席に映っています。稲美町放火事件伯父の顔画像は髪の毛はかなり短めで坊主頭のようです。おでこと目が映っています。稲美町放火事件伯父は前を向いて、白いマスクをつけているのがわかります。

【追記】稲美町放火事件伯父の顔画像「ネイビーの覆面」

11月26日追記

警察のバンに乗せられた稲美町放火事件伯父・松尾留与(とめよ)の顔画像が公開されました。

バンの後部座席に座っている稲美町放火事件伯父の顔画像です。稲美町放火事件伯父はネイビーのフード付きベスト着せられていて、頭はフードですっぽり覆われているので顔はまったくわかりません。稲美町放火事件伯父の顔画像はネイビーの覆面をかぶっているようです。

稲美町放火事件伯父が警察から外につれだされた画像です。稲美町放火事件伯父の顔画像は、フードのすきまからマスクを着用しているのがわかります。

稲美町放火事件伯父が大阪市北区の扇町公園をさまよっているところをとらえた防犯カメラの映像です。稲美町放火事件伯父の上半身の画像です。稲美町放火事件伯父は警官の職務質問に素直に応じ、任意同行されました。

稲美町放火事件伯父の顔画像「おでこ広い愛嬌あるさがり目」

兵庫県稲美町で小学生2人が遺体で見つかった放火殺人事件。 稲美町放火事件の伯父は同居していた住宅に火をつけてほぼ全焼させ、出火当時、就寝中だった甥2人を殺害した。

稲美町放火事件の伯父の略歴を整理しました。

  • 氏名:松尾留与(まつおとめよ)
  • 年齢:51歳
  • 住所:兵庫県加古郡稲美町(ひょうごけんかこぐんいなみちょう)
  • 職業:不明

稲美町放火事件の伯父の中学校時代と小学校時代の顔画像が公開されました。

稲美町放火事件の伯父の中学校時代の顔画像は詰襟の学生服に坊主頭。学校の規則で40年前の昭和の中学生は全員坊主頭だったのでしょう。稲美町放火事件の伯父の目は目尻がさがっていて愛嬌があります。稲美町放火事件の伯父の鼻は低め。坊主頭のせいかもしれませんが、稲美町放火事件の伯父のおでこは広い気がします。稲美町放火事件の伯父のあごは少し長いです。

稲美町放火事件の伯父の小学校時代の顔画像は夏の撮影でしょうか、白のシャツを着ています。愛嬌のある下がり目と低い鼻と広いおでこは小学校時代からのようです。稲美町放火事件の伯父の口はへの字にかみしめているようにも見えます。大事なイベントの写真でしょうか、気を引き締めているようです。

>松尾留与の動機「おじさんみたいになっちゃダメ」

>松尾留与の顔画像「たれ目で団子鼻のスキンヘッド」

稲美町放火事件伯父の顔画像「生活保護受けたい、仕事したくない」

松尾留与容疑者稲美町放火事件の伯父は同居していた住宅に火をつけてほぼ全焼させ、出火当時、就寝中だった甥で小学生の兄弟2人を殺害しました。

家自体は次女夫婦と子ども2人とそれと今伯父さんでね。仲良くやっとったんちゃうかなと思うねんけど、「生活保護受けたい」「働きたくない」と言っていた。

近隣住民によれば、「生活保護を受けたい」「仕事をしたくない」と語っていたという松尾容疑者。

稲美町放火事件の伯父は 「生活保護受けたい」「働きたくない」 「仕事をしたくない」といったむしのいい話を近所の人に話しています。

ほかの放火事件でも生活保護受けていたり、無職の者が放火を行っています。以下では、過去の放火事件の中から、生活保護受給者や無職の容疑者を紹介します。他の容疑者の顔画像から、稲美町放火事件の伯父の顔画像をイメージしていきます。

三宅潔(69歳)

三宅潔は元トラック運転手、60歳をこえ仕事もなく、生活保護を受けていました。は元三宅潔は熊本県内を走行中の九州新幹線の車内に火を付けました。三宅潔は自殺しようと思ったと供述。事件前日の7日には知人に「死にきれない」とも話していました。三宅潔は、京王線電車で10月31日に起きた乗客刺傷事件のニュースを見て「まねしようと思った」とも語っています。

稲美町放火事件伯父との年齢差は18歳。三宅潔の顔画像は野球帽をかぶっています。三宅潔の顔画像の目は逮捕されておだやかな「観念したような目」をしています。

遠藤準一(62歳)

遠藤準一は過去に無職で収入がなく、工事現場に押し入り現金を盗み逮捕されています。札幌で灯油タンクの配管が切断されて火がつけられた事件で、遠藤準一が器物損壊の疑いで逮捕されました。住宅の灯油タンクの配管を切断し、漏れた灯油に火を放って壁の一部を焼きました。近くでは同様の被害が2件起きていて警察が関連を調べていした。

稲美町の放火事件の伯父との年齢差は11歳です。遠藤準一の顔画像は東南アジア系のちょっと濃い顔です。目鼻だちががはっきりしていています。髪も髭も白髪です。遠藤準一の顔画像の鼻の下のスパーマリオのようです。

川崎竜二(28歳)

川崎竜二も無職、働いていませんでした。川崎竜二は東京都台東区の上野公園付近で路上生活者(ホームレス)の男性の荷物や街路樹に火を付けました。「道に物を置いてはいけないと思い、ライターで火をつけた」と語っています。園内の公衆便所のトイレットペーパーが燃え、川崎竜二とみられる人物が防犯カメラに写っていました。付近では同じような不審火が数件あり、川崎竜二との関連と見られている。

稲美町における放火事件の伯父との年は23歳の違いがあります。川崎竜二の顔が画像は目はパッチリのくりっとしています。

>松尾留与の動機「おじさんみたいになっちゃダメ」

>松尾留与の顔画像「たれ目で団子鼻のスキンヘッド」

稲美町放火事件の概要

19日深夜、兵庫県稲美町岡で木造2階建て住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。

火災発生時には両親は留守でしたが、同居している50代の伯父の所在がわからなくなっていて、警察が行方を捜しています。

2人が死亡した兵庫県・稲美町の放火事件で、警察は死亡した兄弟の伯父にあたる50代の男を発見し、事情を聴いています。

この火事は今月19日深夜、兵庫県稲美町で木造2階建ての住宅が全焼し子供2人の遺体が見つかったものです。

焼け跡に残った布団の燃えかすから油のような可燃性の液体の成分が検出されたことなどから、警察は放火事件として捜査本部を設置しています。

捜査関係者によると、死亡した子供2人の父親が外出した約20分後に火の手があがり、その直後、近くの防犯カメラに現場から歩き去る男が映っていたということです。

この家に住む伯父は連絡がつかなくなっていたことから、詳しい事情を知っているとみて、警察が行方を探していました。

また、警察は死亡した2人の身元が判明したと発表しました。

死亡したのは、この家に住む兄弟で、松尾侑城さん(12歳)と松尾眞輝さん(7)だということです。

FNNプライムオンライン

稲美町放火事件の伯父の家族

稲美町放火事件の伯父が住んで実家のある住所は「兵庫県加古郡稲美町岡1443」。実家のまわりにはたんぼや畑、池がたくさんあり農村の風景が残っています。

稲美町放火事件の伯父は実の妹の家族と同居していました。

妹家族の家族構成は以下のとおりです。

  • 夫(58歳):義理の弟
  • 妻(49歳):実の妹
  • 次男(12歳):小学校6年生、甥
  • 三男(7歳):小学校1年生、甥

妹の長男は家を出ているようです。

次男と三男の氏名と顔画像が公開されました。

  • 次男:松尾侑城くん
  • 三男:松尾眞輝くん

>松尾留与の動機「おじさんみたいになっちゃダメ」

>松尾留与の顔画像「たれ目で団子鼻のスキンヘッド」

>根室イオン事件「中学生の犯行動機はゲーム狂」

>西村恵梨奈の顔画像が判明「丸顔で話しやすそう」

>岡田竜洋の顔画像が判明「反省なし、クール」

タイトルとURLをコピーしました