洗濯

風通しがよくなるように干すのが、お洗濯の時短術!

毎朝のお洗濯「洗う、干す、取り入れる、片付ける」という長い工程は中々時間をとり、面倒くさい作業でもありますよね。

しかしほぼ毎日やらなければならない家事。

そんな家事こそ効率よく、時短で終わらしたくありませんか?

今回はお洗濯の効率アップ術のポイントをお伝えしたいと思います!

風通しがよくなるように干す

あまりお天気が良くなさそうな日もありますよね。

でも部屋干しより、外干しの方がいいという方もいるのではないでしょうか?

そんなお天気の日、ピンチハンガーに細かい靴下やタオルなどを干す際は、外側から大きなもの(タオル等)を干していき、中央に下着や靴下などが集まる干し方をすると、風の通り道ができて乾きやすくなるんです!

乾きやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね!

酸素系漂白剤を使用する

お洗濯用の酸素系漂白剤をいつも使っている洗剤と一緒に使うと、皮脂汚れなどの汚れが落ちやすくなります。

そうすると、しばらく着ているとでてくる服の黄ばみや、襟汚れなどが出にくくなります!

しつこく取れにくい汚れがでてから処理をする手間が省けますよ!

匂いの気になるものは、酸素系漂白剤につけおきしてから洗濯機で洗うというやり方をすると、匂いが落ちます。

洗濯物はたたみながら取り入れる

洗濯物を取り込む時は、たたみながら行うと時短になります。

靴下も取り入れてからペアを探すよりも、その場で組むことで探す手間が省けます!

また、ハンガーにかけた洗濯物はそのまましまってもいいですね。

洗濯用のハンガーとクローゼットのハンガーを一緒にしておくと、ハンガーを変える必要がないのでおすすめです。

畳まなくていい衣類は畳まない

畳まなくていい衣類は畳まないと言われるとずぼらかな?と思いがちですが、インナーや、下着など、お家のルールや生活スタイルで、これは畳まなくてもいい!というアイテムは、思い切って畳まずに、入れ物に投げ込む形式をとってもいいと思います!

また上記でも少しお話しましたが、ハンガーのまましまうというのも手ですよ!

収納は透明のケースに

お洋服などを収納する時は、透明ケースを使うことをおすすめします!

そしてマスキングテープなどを使い、入れてあるものを書いて目印をつけておくこともポイント!

洗濯ものの住所を作ることで、どこに何が入っているか分かり、探す時もしまう時も時間がかかりません。

自分だけではなく、家族にとっても分かりやすく、お手伝いがしやすいのもいいですよね。

子供さんのお手伝いとしても簡単に始められます!

また、収納の棚の置く部屋を同じところにするというのもポイント。

子供の衣類は子供部屋、大人の衣類は大人の寝室などと分けると、移動するのが面倒くさいですよね。これで負担は減らせます!

しわになりにくい仕掛けを作る

ワイシャツなどは洗濯後にアイロンがけをする場合が多いのではないのでしょうか?

アイロンがけはアイロンをかける前が大切です!

まずワイシャツなどは、ノンアイロン加工の、シワになりにくい形状記憶の素材を選ぶだけでもずいぶん楽になりますよ!

他にはなるべくタオル地の物を選んだり、干す際には早く干し、ピシッと伸ばしてシワを作らないことがアイロンがけの負担を減らすポイントになります。

忙しい時には乾燥機を使う

干す時間でさえ惜しいというとき、乾くのを待っていられないとき、ありますよね。

そんな時には乾燥機を使いましょう。

ご自宅に乾燥機がある場合はそれで解決、ない場合はご自宅近くのコインランドリーへ!

家族3人分程だと、30分の乾燥時間で終了。

その間委にすこしの用事を終わらすことだってできちゃいます。

困ったときには、頼るのもありです!

まとめ

お洗濯時の効率アップ、時短ポイントをお伝えしました。

洗うところから片付けるまでの中で、効率アップのポイントは意外と多くあります。

毎日しなければならないお洗濯、少しでも楽な気持ちでできるよう、時短ポイントを取り入れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました