ニュース

大橋とし子顔画像「65歳?腰曲げ歩く姿は75歳」千葉県旭市放火殺人事件

ニュース

自宅に放火し、夫と息子の2人を殺害したとして、65歳の妻・大橋とし子が逮捕されました。

この記事では、大橋とし子の顔画像を調べました。大橋とし子の顔画像から事件の状況を明らかにしていきます。

>松尾留与の動機「おじさんみたいになっちゃダメ」

>松尾留与の顔画像「たれ目で団子鼻のスキンヘッド」

>伯父の顔画像「おでこ広い愛嬌あるさがり目」

>根室イオン事件「中学生の犯行動機はゲーム狂」

>西村恵梨奈の顔画像が判明「丸顔で話しやすそう」

>岡田竜洋の顔画像が判明「反省なし、クール」

大橋とし子顔画像「65歳?腰曲げ歩く姿は75歳」

父親と長男が死亡した火災で、母親の大橋とし子が放火殺人の容疑で逮捕されました。

大橋とし子の現時点で判明しているプロフィールをまとめました。

  • 氏名:大橋とし子(おおはしとしこ)
  • 年齢:65歳
  • 住所:千葉県旭市三川(ちばけんあさひしさんかわ)
  • 職業:無職
  • 家族:夫と息子の3人家族

大橋とし子の夫の芳男(よしお)さん(67歳)は脳梗塞を2度患っていて、自由に身動きがとれない状態でした。大橋とし子の息子の芳人(よしひと)さん(32歳)は重度の障害で寝たきりでした。大橋とし子は長年2人を介護していました。大橋とし子も障害を抱えていたといわれています。

大橋とし子が警察に連行される映像がテレビニュースで公開されています。大橋とし子の顔画像が遠目ではありますがわかります。

大橋とし子は腰が曲がっているようです。大橋とし子は腰をかがめトボトボと家の玄関から車に歩いていきます。フードのついた黒のジャンパーを着ています。

大橋とし子が腰が曲がっているのは、2人の介護によって腰をいためってしまったのかもしれません。

経済的な理由で、施設などの利用ができない人は
たくさんおるやろね今の時代。
自宅介護が「美徳」風潮もあるしね。
65歳って出てたけど、介護の疲れなのか10歳は違って見ええた。
お金のない家庭の介護の逃げ道は犯罪しか無いんやろか?

40年以上事件現場の近くに住んでいる70代の女性から、大橋とし子の話しが聞けました。

昔はとし子さんシャキっとしてきれいだったわよ。年は私より10ほど下だと思うけど、今は私とあんまりかわんない感じよね。旦那さん倒れてからめっきりふけたみたい。

大橋とし子の顔には白のマスクをしています。大橋とし子の髪は少しボサボサで後ろに流しています。大橋とし子は白髪らしきものは見られません。髪を染めているのでしょうか。

大橋とし子は目はうつろな感じで、目に力が感じられません。大橋とし子は逮捕に意気消沈しているのでしょうか、自分のしでかした事件の重大さに気づいたのでしょうか。

千葉県旭市放火殺人事件の概要

自宅に放火し、夫と長男を殺害したとして、千葉県旭市の無職、大橋とし子(65)を殺人と現住建造物等放火容疑で逮捕した。

千葉県旭市で自宅に火を付けて寝たきりの夫と息子を殺害したとして65歳の女が逮捕された事件で、自宅から灯油のタンクが見つかったことが分かりました。

無職の大橋とし子容疑者は17日午前6時半ごろ、旭市三川で自宅に火を付けて夫の芳男さん(67)と息子の芳人さん(32)を殺害した疑いが持たれています。

その後の警察への取材で、現場となった自宅から灯油の容器が見つかっていたことが分かりました。

警察は、とし子容疑者が火を付けるために灯油をまいた可能性があるとみて調べています。

取り調べに対し、火を付けたことは認めているものの、殺意については一部否認しています。

死亡した2人は病気や障害のため寝たきりの状態で、とし子容疑者は「介護に疲れた」という趣旨の供述をしているということです。

テレ朝news

大橋敏子顔画像「SOS発っせなくてキレた」

夫と息子が死亡した火事で、妻の大橋とし子が放火と殺人の疑いで逮捕されました。

大橋とし子は2人の介護に疲れて、犯行におよんだのでは?とネットの声などでは噂されています。

千葉県旭市の在宅サービスはこんなにあります。父親を外へ連れ出さなくても、介護関係者に自宅にきてもらってお風呂にいれてもらったり、食事をさせてもらったりできます。その間だけでも、大橋とし子は休息をとれたはずです。

何の病気で寝たきりになったのか、父親と息子の二人が。良く分からないけど、他に助けを求められなかったかね?痛ましい事件だね。

市役所、ケアマネ何とかならなかったのかなぁ。相談出来ない奥さんだったのかなぁ。このかたの

大橋とし子の世代には「家族の介護は家族がするのが当たり前」とか「夫の世話するのは妻の義務」という考えが根強くあります。

大橋とし子は介護サービスを知らなかったのでは?という声も聞かれます。もしかすると大橋とし子はサービスがあることを知っていたが、責任感がとても強く自分でなんでもしなくては気がすまないタイプだったのかもしれません。

町内の婦人会で長年活動を続けてきた80代の主婦から、大橋とし子の性格に関するエピソードが聞けました。

大橋さん、婦人会の催し物の担当になると、人の話を聞かないでなんでも一人でやっちゃうの。責任感強いのはいいんだけど。お祭りの飾り付けなんて旭市のボランティアに頼めばすぐ終わるのに、時間がかかっても自分でやらないと気がすまなかったみたい。

大橋とし子は介護に疲れてへとへとになっても、誰かに相談することや助けを求めることを考えなかったのでしょうか。大橋とし子は誰かに「助けて!」とSOSを発することできていれば、今回の事件は起きなかったかもしねませんね。

>松尾留与の動機「おじさんみたいになっちゃダメ」

>松尾留与の顔画像「たれ目で団子鼻のスキンヘッド」

>伯父の顔画像「おでこ広い愛嬌あるさがり目」

>根室イオン事件「中学生の犯行動機はゲーム狂」

>西村恵梨奈の顔画像が判明「丸顔で話しやすそう」

>岡田竜洋の顔画像が判明「反省なし、クール」

タイトルとURLをコピーしました