ニュース

臼井裕太顔画像「すけべなおっさん」胸に親分の名前の入れ墨横浜暴力団員置き去り殺害事件

ニュース

横浜市の病院に全身傷だらけで意識のない男性が置き去りにされた後、死亡した事件で、暴力団幹部の臼井裕太が殺人容疑で逮捕しました。

12月6日追記、臼井裕太の顔画像が判明しました。臼井裕太の顔画像は切れ長の目とつり眉が特長です。

この記事では、臼井裕太のFACEBOOKアカウントを元に顔画像を明らかにしました。なくなった北川典聖さんの顔画像や置き去りにされた場所も調べました。

>奥村康之さん顔画像「バットマンのアメカジおじさん」

>藤沢道郎バス運転手顔画像「まぶしかったと言い訳」

>原田竜平は慶應大学「年収高いから公認会計士に」

>小牧市放火事件の動機「確実に殺害しようとした」

>鬼束ちひろパチンコ店でキレた理由はパチンコライター

【追記】臼井裕太の顔画像が判明「切れ長の目とつり眉」

12月6日追記

横浜市で12月3日、38歳の男性を殺害したとして逮捕された臼井裕太は、当時意識不明だった男性を病院に運んだ際、自ら名前を名乗ったうえで立ち去っていたことが分かりました。

臼井裕太の顔画像が公開されました。

▼2021年の臼井裕太

臼井裕太の顔画像の目は切れ長、まゆ毛はつり眉、ヘアスタイルは前髪はアップでサイドはツーブロックです。臼井裕太の顔画像は鼻から下はマスクをつけているのでわかりません。

▼2013年の臼井裕太

8年前の2013年の臼井裕太の顔画像です。切れ長目とつり眉は変わりなし、鼻は少し低めの感じがします。2021年と2013年の臼井裕太の顔画像ですが、そんなに変わっていない印象です。

臼井裕太顔画像「すけべなおっさん」胸に親分の名前の入れ墨

横浜市の病院に意識不明の状態で運び込まれた男性が死亡した事件で、暴力団幹部の臼井裕太が殺人容疑で逮捕されました。

臼井裕太に関して現在判明しているプロフィールは以下のとおりです。

  • 氏名:臼井裕太(うすいゆうた)
  • 年齢:36歳
  • 住所:神奈川県横浜市磯子区洋光台
  • 職業:無職(指定暴力団稲川組系幹部)

臼井裕太facebookアカウント特定「親分の名前の入れ墨」

臼井裕太のFACEBOOKアカウントを特定しました。

臼井裕太のfbの写真の中に特定できるソースが見つかりました。それは、臼井裕太の上半身裸の写真があり、入れ墨に臼井裕太の所属する暴力団の組長の名前が彫られています

アカウントは臼井裕太のものである確率はかなり高いと想像できます。ただし、100%とは言えないので、臼井裕太の顔画像はモザイクをかけて掲載します。

8年前の2013年8月10日に投稿された28歳の臼井裕太の写真です。臼井裕太は上半身裸で入れ墨が彫られています。

臼井裕太の胸の真ん中に縦に漢字で4文字、人の名前が彫られています。2021年2月の文春オンラインによると、「親分の名を広める」という理由で若い暴力団員は胸に人名を彫るとのこと。8年前も今も変わっていないのかもしれません。

親分の名を広めるという目的も
 暴力団では強制的に刺青を入れさせられるわけではなく、多くは自主的に入れているとされる。

 その中でも前出の指定暴力団幹部が指摘するように、いまは若い暴力団員を中心に、人名を刺青で入れるのが流行っているという。

 実際に親分の名前を体に入れている別の指定暴力団幹部が、詳しい事情を説明する。

「自分の場合は胸の中央、少し下の部分に組長の名前を入れている。これは子分としてこの道で生きていくことを示すもの。例えば、刑務所の風呂で裸になった時に、身体に名前が入っていると、周囲から『この人はあの親分のところの若い衆か』と認識されることになる。それと同時に、親分の名を広めるという目的もある」

臼井裕太の胸の真ん中に彫られている4文字の名前で検索すると、臼井裕太が所属する暴力団の情報がたくさん表示されます。

臼井裕太は8年前の28歳以前から、暴力団に属していたのです。

臼井裕太顔画像「すけべなおっさん」

臼井裕太の顔画像は現段階では公開されていません。

臼井裕太のFacebookには32枚の写真が投稿されています。その中から、2013年、8年前の臼井裕太の顔画像が写っている4枚の写真を用いて解説していきます。

すけべなおっさん

2013年9月1日に投稿された臼井裕太の顔画像です。FACEBOOKの中では最新の臼井裕太の顔画像です。臼井裕太の顔画像はキャバクラかスナックで撮影されたものです。

臼井裕太とキャバ嬢の2ショットです。臼井裕太はメガネの奥にボケーっとしたうつろな目、酔っぱらっているのでしょうか。臼井裕太はキャバ嬢を横にして鼻の下を思いっきりのばし、口はポカンと半開き、まぬけヅラをしています。臼井裕太はこの写真に「すけべなおっさん」と自分でタイトルをつけています。

2013年8月12日、臼井裕太の組の人たちの家族旅行でしょうか。現在の報道では臼井裕太は「幹部」と報道されています。8年前は臼井裕太はまだ下っ端だったので、写真の中央部の一番奥に立ってます。

2013年8月10日、海をバックに臼井裕太と組の方と2人の写真。臼井裕太は上半身裸なので入れ墨を彫っているのがよくわかります。臼井裕太の胸から腕にかけて黒の墨で彫られています。胸の中央部から下半身にかけても彫られています。

2013年8月10日、臼井裕太と上の方とは別の方との海をバックにした写真です。2人は片手をあげ、ガッツポーズをとっています。臼井裕太は上半身が裸で短パンをはき足元はサンダルをはいています。

北川典聖さん顔画像「目はくりっと、鼻の下に髭 」

北川典聖さんは意識不明の状態で横浜市の病院に、臼井裕太を複数の男らによって運び込まれました。その後、北川典聖さんは転送先の別の病院で死亡しました。

北川典聖さんに関して現在判明しているプロフィールは以下のとおりです。

  • 氏名:北川典聖(きたがわのりまさ)さん
  • 年齢:38歳
  • 住所:不詳
  • 職業:不詳

最初の病院では、臼井裕太が「自分が殴って刺した」と職員に説明。しかし、110番で捜査員が駆けつけたときには、臼井裕太らはすでに立ち去っていました。

警察の発表によると、臼井裕太は3日に中区の雑居ビル内で、北川典聖さんの顔や胸を殴る蹴るなどしたうえ、刃物で複数回刺して殺害しました。

北川典聖さんは6年前の32歳の時に、詐欺グループの1人として逮捕されていました。上は当時の北川典聖さんの顔画像です。

北川典聖さんの顔画像は、髪の毛は短め、目はくりっとしています。鼻の下に髭をのばしています。北川典聖さんはパトカーに乗せられ、ランプが点滅しているのでしょうか、バックが赤いです。

横浜暴力団員置き去り殺害事件の概要

3日午後横浜市の病院に、心肺停止状態の男性が置き去りにされた事件で、暴力団幹部の臼井祐太が逮捕されました。

神奈川・横浜市で38歳の男性を殺害した疑いで、暴力団幹部の男が逮捕された。

男は3日、心肺停止の状態だった男性を病院に運び逃走していた。

指定暴力団稲川会系幹部の臼井裕太容疑者(36)は、3日正午すぎ、横浜市中区の店舗内で、北川典聖さん(38)の顔や胸を複数回殴り、刃物のようなもので刺して殺害した疑いが持たれている。

臼井容疑者はその後、仲間らとともに心肺停止の状態だった北川さんを横浜市内の病院前に運び、「殴ったり刺したりした」と病院の職員に伝えて逃走していた。

北川さんは別の病院に搬送されたが、死亡が確認された。

警察は、2人の間にトラブルなどがなかったか調べを進めるとともに、共犯者についても捜査している。

FNNプライムオンライン

臼井裕太横浜の置き去りにした現場「横浜市中区本牧町1丁目」

臼井裕太は横浜市中区のビルで北川典聖さんに暴行を加えた後、北川典聖さんを中区の病院に置き去りにして逃走しました。

北川典聖さんを置き去りにした現場の住所が、テレビ報道から特定できました。

神奈川県横浜市中区本牧町1丁目7

>奥村康之さん顔画像「バットマンのアメカジおじさん」

>藤沢道郎バス運転手顔画像「まぶしかったと言い訳」

>原田竜平は慶應大学「年収高いから公認会計士に」

>小牧市放火事件の動機「確実に殺害しようとした」

>鬼束ちひろパチンコ店でキレた理由はパチンコライター

タイトルとURLをコピーしました